全国どこでも送料無料!🚚💨 全国どこでも送料無料!🚚💨
車の中で座っているアジアの子供たちとシベリアンハスキーの子犬

ワンちゃんを車に乗せると大変?抜け毛と粗相対策のコツと注意点

ワンちゃんを車に乗せて移動すると、抜け毛や粗相で大変ではありませんか?毎回掃除などが負担になると、ワンちゃんを車に乗せるのが憂鬱になってしまいますよね。でもワンちゃんとは楽しくストレスなくドライブしたいもの。

今回の記事では、ワンちゃんを車に乗せるときの抜け毛と粗相対策のコツや注意点を解説します。

ワンちゃんを車に乗せるときの基本「安全重視」

車に乗せる際に重視するのはワンちゃんの安全です。ワンちゃんにもシートベルトを付け、飼い主さんが集中して運転できる環境作りをしましょう。その方が、ワンちゃんがあちこちに移動しないので抜け毛や粗相対策もやりやすくなります。

・ワンちゃんにもシートベルトを
ワンちゃんはクレートに入れ、クレートそのものをシートベルトで固定します。リードを使用する場合は、ハーネスを使いましょう。首輪で固定すると、何かのはずみで引っ張られた際に、首に強い負担がかかってしまいます。

・ワンちゃんを車内で自由にさせるデメリット

車の中でワンちゃんを自由にさせるのは、万が一のとき危険な目に合わせてしまう可能性があるのです。衝突の衝撃などで車外に飛び出す恐れがあります。「抱っこすればいい」と思うかもしれませんが、運転中の飼い主さんにじゃれて事故を起こしては大変です。
でも「うちは安全運転だから」「おとなしいから」と思いますよね。しかし、窓を開けたときにほかのワンちゃんを見かけて飛びおりてしまうかもしれません。降りようとしてドアを開けた際、興奮したワンちゃんが先に飛び出すのも十分考えられるのです。

また、どんなに注意していても、急ブレーキをかけるときもあるでしょう。こちらが気を付けていても、ぶつけられる可能性もありますよね。
「閉じ込めてかわいそう」「自由にさせたい」と思うかもしれませんが、思いがけない事故からワンちゃんの命を守ってあげることが大切です。

抜け毛対策のコツ

車の中がワンちゃんの抜け毛だらけで大変、という飼い主さんも多いでしょう。座席の繊維に入り込んでしまうと、なかなか取れませ・ん。特に抜け毛シーズンは苦労しますよね。
次のような対策を行ってみてください。

・乗車前にブラッシングで抜け毛をできるだけ取っておく
ブラッシングして余分な抜け毛をといておくだけでもかなり効果があります。

・ワンちゃんには洋服を着させる
洋服を着慣れたワンちゃんにオススメです。ある程度、抜け毛の落下が防げます。ただし熱中症に注意してください。

・お掃除グッズを常備
充電式、または電池式のミニ掃除機や、粘着式カーペットクリーナーをいつも乗せておけばこまめにお掃除ができるでしょう。強力な粘着力があるペット用も販売されています。

・カーシートを取り付ける
座席にハーネスで固定する場合におすすめなのが、カーシートです。後部座席用や助手席用が販売されています。後部座席の方が広々と使えるのがメリット。助手席は、飼い主さんの目が届きやすいメリットがありますね。

素材は、洗濯ができて防水加工してあるものがおすすめです。抜け毛が飛び散らない素材なら、掃除も簡単。外遊びのあと、ワンちゃんの体が濡れていたり汚れていたりしても、座席が汚れません。車に酔って嘔吐したときも処理が簡単です。

防水ネオシートカバー(汚れ、抜け毛対策カーシート)| シートカバー| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY) (peppynet.com)

・スペースボードを置く
後部座席を広々とさせるスペースボードを置くのもいいですね。カーシートよりも頑丈で、大型犬にも向いています。折り畳みができるタイプなら、場所も取りません。

スペースボードならワンちゃんが座席から落ちる恐れも解消できます。床部分に抜け毛やゴミも落ちにくくなるのでお掃除が楽ですね。お洗濯ができるシートやマットを、ボードの上に敷いて利用します。

スペースボード| 介護用マット| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY)(peppynet.com)

消臭達人・極 スペースボード専用マット| ドライブ用品| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY (peppynet.com)

粗相をしてしまうワンちゃんは

車に乗ると、興奮して粗相をするワンちゃんもいますよね。また、渋滞などで休憩が取れず粗相をしてしまう場合もあるでしょう。
粗相対策のおすすめは次のとおりです。

・車に乗る前に排泄をさせておく
必ず排泄を済ませてから乗せるようにします。

・マナーベルトを付ける
マナーベルトを付けておくと、車を汚す心配が減ります。特に「うれしょん」をしてしまうワンちゃんには着けてあげるといいですね。ただし、汚れたままのマナーベルトをつけっぱなしにすると、皮膚トラブルの原因になります。定期的に取り換えてくださいね。

Amazon | P.one 男の子&女の子のためのマナーおむつ のび~るテープ付き ペット用 Sサイズ57枚入 | Pone | ペット用品 通販

・トイレシートを敷いておく
万が一車内で排泄させることになっても大丈夫なように、用意しておきましょう。

・防水タイプのカーシートを設置する

抜け毛対策でご紹介した、カーシートの利用は粗相対策にもおすすめです。

Amazon | Metglad ペット用 ドライブシート 全車種対応 後部座席 長さ調節可能 滑り止め 防水防汚 折り畳み式 洗濯可能 犬猫用 旅行 お出かけ 車用ペットシート | Metglad | カー用品 通販

すぐに拭き取れるように、トイレットペーパーも常備しておきます。ニオイが気になる場合もあるので、ペット専用の消臭スプレーがあると安心です。

Amazon | JOYPET(ジョイペット) 天然成分消臭剤オシッコのニオイ・汚れ専用 270ml | JOYPET(ジョイペット) | 除菌・消臭剤 通販

トイレシートの処理や、ウンチに備えてニオイを抑える袋を用意しておくと車内が臭くなりません。

Amazon | 驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋 2個セット ペット用 うんち 処理袋【袋カラー:ブルー】 (Mサイズ 90枚入) | BOS ボス | トイレ袋・スコップ 通販

これらのグッズはひとまとめにして、いつも車に積んでおくようにしましょう。

注意したいのは、粗相をするからといって水分の制限をすること。車の中は、夏以外でも温度が上昇します。水の制限は、脱水による熱中症や体調不良を招く恐れがあるのです。ワンちゃんも飼い主さんもしっかり水分補給してくださいね。

まとめ

ワンちゃんを車に乗せてお出かけするのは楽しいですよね。レジャーはもちろん、通院にもとっても便利。でも、ワンちゃんにつきものの抜け毛と粗相で車が汚れると大変ですし、飼い主さんの負担も大きくなってしまいます。 

ブラッシングであらかじめ抜け毛を取るほかに、カーシートの利用をするとストレスも減るでしょう。防水タイプでお洗濯ができる素材なら、粗相をしても安心です。ミニ掃除機や粘着式カーペットクリーナーも用意しておくと、こまめに掃除できます。 

最も大切なのはワンちゃんの安全です。車のなかではクレートに入れてシートベルトで固定するか、ハーネスをシートベルトで固定してください。自由にさせるよりも、抜け毛の飛び散りも少なくなりますよ。